読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒトオモイ。

おもい重い思い。カク。

無題

違和感 違和感 違和感 、、、。 全く眠れません。 胃がいてぇ。 激痛

終わりにしようか

ねぇ 終わりにしようか

弱いなぁ

本当は すぐ泣く 弱虫なんです 怖くて怖くて たまらない 涙も止まらない ずっと1人で 小さい頃から 戦って来たけど もうさすがに 疲れた 強く見られるけど 強くなんかない もう疲れた

無題

散々吐き続けた結果、 結局、トイレで気付いたら 寝てしまってた。 夢の中で あぁ今までの人生は 夢だったのか、って ホッとしている 私が居て 目が覚めて さっきまでが夢で やはり 目が覚めた此処が 現実だという ことに愕然とする トイレの天井見ながら あ…

無題

綺麗になりたい 心ごと美しくなりたい 大嫌いな弱い自分を 超えて行きたい 一人でいると大体 物凄い自己嫌悪が始まり ただのメンヘラみたいに なるから 早めに街に繰り出そう きばるぞ

黒い

黒い気持ち 黒い気持ち

無題

ダメや。 辛い

無題

思考する 時間が経つ 人間の欲が嫌になる ↑今現在此処 無欲に生きたい

無題

愛しさ溢れ もうこれ以上 愛したくない 叫んでる 誰かをこんなに 愛しく思ったこと なかった 怖い いつか 無くなるなら 失った方が マシとさえ 思う 怖い 自分が怖い 無の境地

無題

頭狂いそう 考えたら終わる 思い出したら終わる 思いっきり 叫んでみた

無題

色々疲れた 人間しんどい

ステータス

ステータス ステータス ステータス 幸せアピール 幸せアピール 幸せアピール そんなんは しあわせなんかいな 分からんけど お腹すいた

川の流れのように

何も無かった毎日が苦痛だったお金も無かった そんな時にラジオでこの曲を聴きながらおじいちゃんと毎日歌ってた 辛い時にはおじいちゃんが500円握り締めて近くのスナックまで肩車してくれて行ってこの曲を歌った 音楽をしたいと思ったのもそうやって愛し…

アオク

アオク フカク 染まる 夜 この孤独 なんて ちっぽけさ おわり はじまり 息を吸い込んだ まだ笑える おわり はじまり やることも終わったので 寝ます おやすみ

やっちまった

あかんー!!! 昨日の明け方から一睡もしとらんのに。。。 練習終わって曲を聴き出したら 無性に楽しくなっちゃって、、、 3時間も経っている!! おーまいがー!!! 高橋優さんが。 素晴らしき。 過ぎて。 はよ〜寝な〜〜

決めたこと

最近ずっと考えてて 決めたことがある いつも私は意思が弱いので 人に流されて結局最後に 右往左往してきた 今回は見失わないように 紙に書いた ちょうどね 久しぶりに会った友人と 話してたところ なのでしばらくは 飲みに行ったりもせず お金を貯める予定…

最近

服買ってないなぁ 下っ腹が出て来た的なポーズ とりあえず。 春服が、ない ずっとコスプレしとこかな。笑

未来

明日 明後日 明々後日 今日という日が 明日に向かって 終わろうとしてる いや 進んでるのか おじいちゃんとおばあちゃんに 会いに行きたいな お墓参りだけのために 帰りたいな

口と心

素直に生きられたら ワガママになれたら ずっと不器用な自分 可愛いげのある娘に なれたら楽なのか 口と心は繋がらない 自分を強く見せたくて 頭の中は劣等感 人の目を見て話せない 話したいけど ふぁああ ゲシュタルト崩壊 サムギョプサル食べたい おはよう…

やくそく

最後に守れない やくそく なんて くだらなさ 過ぎる やくそく 個人の匙加減だと 誰かが云ってた だとしても

リアル

たまに思う 本当の私って 本当に ひどい人間

歩いて帰ろう

走る街を見下ろして のんびり雲が泳いでく誰にも言えないことは どうすりゃいいの? おしえて 急ぐ人にあやつられ 右も左も同じ顔寄り道なんかしてたら 置いてかれるよ すぐに 嘘でごまかして 過ごしてしまえばたのみもしないのに 同じ様な朝が来る 走る街を…

えがお

‪やっぱり みんな 笑ってる顔が良い 少なくとも 自分の周りの人には 笑ってて欲しい 自分の 無力さを日々 感じるけど 今 笑えてるのは周りに 居てくれてる 友達や先輩や仕事仲間やお客様 の おかげ 家族がほぼ 居ない私にとっては 本当に本当に宝物 全部 私…

コイ

恋愛観。 最近のオンナノコの恋愛観と 自分の恋愛観が 食い違い過ぎて そういう話になると 黙り込んでしまう ステータス SEX お金 見た目 えとせとら。 そら、そうなんでしょう。 体を重ね合わせるだけで 満たされる関係なら それも、ありなの? ただ、自分…

つみ

私の中に灯された ちいさな光 若さという名の 刃物で絶った朝 あれから 何かを失った 道徳という名の 魔物 誰かが書き連ねた ルール 沿って生きたものが 許されるのか 許されれば 明日は笑えるのか 遮る記憶に サヨナラを 言えたら どんなに楽だろう

だーくふろーずん

真っ暗な闇 空に手を仰げば 情けない自分が 浮かんでは消えて 嗚呼 生きてきた理由など 後ろを見れど 嗚呼 生きて行く理由など 前を見れど 霧が濃くて何も 見えない 見たくない 宇宙と宇宙で 交わって 光になって 消えちまえ

まっすぐ

右に曲がったり 左に曲がったり クネクネ回り道 遠回りする度に 大事なもの 無くしてく 昨日までごと まるまる 捨ててしまおう まっすぐ歩けば きっと見えてくる 靴紐を結び直して さぁ 郵便局に行こう。